2007年08月21日

輝くもの天より墜ち

1985年に発行されていたジェームズ・ティプトリー・ジュニアの日本語翻訳版の最新刊「輝くもの天より墜ち」が、2007年8月になってやっと早川のSF文庫から発行された。おめでとー>< なの?w

つーかさ、今、何年????
なんで、まあ、こんなに早川って、翻訳遅いわけ????
ありえなくない?
20年以上前の作品なわけですよ、それも、SFの。
せめて、1年くらいのタイムラグで読みたいと思うのがファン心理というものではないかと。
待たせるにしても、な、長すぎやしませんか? ねえ><
原書読めとかいわれちゃおしまいなんだけど、やっぱ、日本語で読みたいわけで。
超ラブのC・J・チェリィとかも、全然翻訳されないし。
アメリカでどんどん伸びる著作リストを見るにつけ、どうしてこうも遅いのか。。。。。うううう。
作者もファンも老化しちゃってますがな。
はぁー。この調子じゃ、自分で出版社興して版権買ったほうが早そうだよねぇ。なんだかなー。

さて、もうとっくにお亡くなりになっている、ジェームズ・ティプトリー様なんですけど、やっと長編が出ました。
ぶっちゃけ、泣けます。
かーなーりー、濃いですよ。
文庫本で560ページ越えで、値段も940円と、相変わらず買いにくい本だすなーって感じでしたが。
「たった一つの冴えたやりかた」にも出てくる設定が入ってたりで、古のJ・Tファンには、たまらん一冊でございます。
とにかくジェットコースター・ドラマで、めまぐるしく展開が入り組んですごい速度で進んでいきまして、読む手が止まりません。
前半の幻想的な宇宙世界の描写や登場人物の個性的な設定、どちらかというと、戯曲的な舞台劇を見ているような。
そして、時間軸のSF的設定や、爆発して消えてしまった星の残骸がおりなす消え行く世界。天使ともみまごう美しくも哀しい歴史を背負った異性人との交流など、とにかく詰め込みまくった萌え設定の嵐です。
こりゃ、好きな人にはたまらんね。って感じ。
最期のグリーン・ゴーでは涙が止まりませんでしたよ、あたしゃあ><

でもねー、イマドキの若者には、まーこれ読めないんじゃないかなあとか。売れなさそうだよなーとか、とっても余計なお世話で不安だわー。
せっかくのすっげーいい作品も、手にとられなければダメだもんね。しくしく。

ぜひ、今のSFファンにも読んでもらいたい一冊です。
は、もしかして、いまやSFファンって死語?なのかしら、、、、さびしいなあ。。。
萌えーな一冊でした。
つーわけで、買って読んでね!

輝くもの天より墜ち (ハヤカワ文庫 SF テ 3-6)
早川書房
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)浅倉 久志(翻訳)
発売日:2007-07
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 読み始めたら止められなくなり・・・


posted by おるか★きっす at 01:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ノベル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。